目標を持って行動する

英語の勉強をするのならばまず決めてほしいことは目標である。
特に英語に関しては難易度がとても高いと日本人は感じることが多いためしっかりとした計画をして目標を立てないと挫折する人が多いのだ。
英語の学習自体がうまくいかない人の多くの原因は目標を決めていないか目標がとても大きすぎる点もあるかも知れないのである。
例えば英語を1年間でマスターするという目標を決めたとしよう。
英語ができるようになると言われているのは専門家ですら十年掛かると言われているくらいである。
このようにとてつもなく無理に近い目標を決めたとしても何を定めていけば良いのか分からず結果的に英語が嫌いになってしまうだろう。
目標は具体的に尚且つ自分でクリアをすることができるような物にしていかなければならないのだ。
目標をすぐに達成をしてしまったら良くないのではと思う人もいるかも知れないが、細分化をして徐々に達成をすることもできるためその方が達成感を味わうことが簡単である。
さらに継続をして英語の勉強に集中して取り組むことができるようになるため結果的には目標は細かく設定をした方が便利である。
目標を決めることで更にモチベーションを上げることができるのはとても大きくまた英語が苦手で嫌いだと感じていた人も好きになる可能性だってあるのだ。
最終的には英語ができるようになるためには英語を好きだと思わなければならないだろう。
嫌いだと思っていることが得意になることはまずあり得ないのである。
日本人は特に英語に苦手意識を持ってしまうことも多く難しい所であるが、持続して勉強をすることができるようになればなるほど楽しいと思う実感を持つことができるようになる。
この気持ちを忘れないで英語の勉強に取り組んで言ってもらえれば良いと考えている。